素材図鑑

ラーメン NOODLES

さっぽろラーメンの始まりは?

 札幌ラーメンの始まりについては諸説がありますが、 現在は大正10年北海道大学前に開店した「竹家食堂」 二代目の調理人「王文彩(昭和7年没)」の考案によるという説に落ちついています。
 雇われて間もない王文彩は小麦粉で麺を作り、スープをかけて食堂の主人に試食させました。 そば、うどんにはないコシの強さとシコシコした食感に、 これはいけると直感した主人は翌11年、竹家食堂の正式メニューとします。 初めは柳麺、後に拉麺と書かれました。 「ラーメン」というカナ書きは、他店でも出し始める昭和5年以後のようです。

ラーメンは中国語ですか?

 ロシアで北京料理の調理人をしていた王文彩は、ロシア革命にあい北海道へ逃げてきました。 竹家食堂の調理人となった時にはまだ日本語がわからず、 主人が試食した料理名をたずねても、ただ「メン」とだけ答えたといいます。 ですから、王氏が命名者ではありません。
 命名したのは食堂主人の奥様。 王氏は、はいと言う返事に「ラー」とよく言うことから「ラーメン」とし、 しだれ柳のような縮れが麺にあるところから「柳麺」と書くことにしたということです。 王氏の麺の作り方は、練った小麦を手で引っ張り伸ばすという方法でした。 常連客の中国留学生に聞くとそれは「拉麺」だと教えられ、拉麺に書き直したといいます。
(資料:さっぽろラーメンの本・北海道新聞社編より)

昭和30年ころ、三味がでそろう

 昭和初期、すでに横浜や長崎には支那そば、中華そばがあり屋台メニューの花形でしたが、 札幌では北京料理の流れを汲む「ラーメン」が人気で、 戦前まで多くの喫茶店がこぞってメニューにあげていました。
 専門店化するのは戦後で、味もラードをきかせ濃厚になります。 具にモヤシが加わり、味噌味という日本人好みのスープも考え出され、 昭和30年頃、今日のラーメンの原型がそろったと思われます。 札幌、旭川、函館といった地域に加え、釧路、室蘭のご当地ラーメンも誕生しています。

具を選べば栄養いっぱい

日本人1日の栄養所要量とみそラーメン1食の目安(モヤシ・シナチク・焼豚)

らーめん
【 北海道の麺類生産 】
平成18年度:小麦粉使用トン
麺の種類別生産量
麺の種類別生産量

中華麺類生産の内訳
中華麺類生産の内訳
ラーメン横町

一口メモ

 ラーメンの麺は波形に縮れています。 これは中華風の感じを出すための工夫で機械的に付けたもの。 かん水などの添加物でついたものではありません。 このカールで麺はほぐれやすくなり、湯通りが良く、茹で上がりを早めます。 また、食べるときにスープが麺から逃げないというメリットもあるものです。

北海道の素材図鑑・食材のまめ知識