素材図鑑

小豆(あずき) RED BEAN

古名は「赤粒木」

 日本人と食用豆の歴史は意外に新しいものです。 大豆、小豆、隠元豆、いずれも中国からの伝来品種です。 大豆は2000年ほど前、小豆は1300年ほど前、隠元豆にいたっては 350年ほど前といいます。
 小豆と書いて「アズキ」と読みますが、正しくはショウズです。 では「アズキ」という読みはどこから来たのでしょう。 じつは、伝来したときの日本では「赤粒木」と書いてアカツブキでした。 後にそれがつまってアズキとなり、小豆のもうひとつの読み方として現在に定着したものです。 なお、中国ではアズキは紅豆、ダイズは黄豆と書きます。

日本の70%以上の生産地へ

 北海道の小豆栽培については、開拓以前の1695年(元禄8年)、 松前藩が種子を本州南部藩に求めた記録があるところから、それ以前と考えられています。
 しかし本格的な栽培は明治以降で、開拓初期は米栽培が禁じられていたこともあって、 開拓が進むにつれ商業作物として栽培地域は急速に広がりました。
 小豆は温暖作物で、適度な乾燥土壌を好みます。 北海道の夏は梅雨がなくカラッとして、 とくに小豆の成育上重要な6月〜8月は日照時間も長く、 質のよい小豆を栽培する好条件がそろい、いまや国内生産の75%前後を占めています。

開花時間は約8時間

 小豆は、7月末〜9月にかけての40日間ほど優雅な花をつけます。 開花は早朝3時ころに始まって、陽が昇るころ満開となります。 小豆の花が丘一面を埋めつくした風景はとても美しく雄大で、北海道らしい風景の一つです。
 しかし、一つの花の開花時間は短く、午前中で開花は終わり、 花はしぼみ、翌日には咲いた順に枯れていきます。 早く咲いた花ほど結実率は高く、 最後に近く咲いた花のほとんどは開花後、実を結ぶことなく落花していきます。 ふつう、小豆1株には30〜40のサヤがつきます。 そのサヤには6〜9粒の小豆が入っています。

植物タンパクと鉄分、B1の宝庫

日本人1日の栄養所要量と小豆(乾燥)100gの栄養量

【 主な生産地ベスト5 】
平成17年度生産量
平成10年度、収穫高
小豆の花(大納言)
【 主な小豆の特徴 】
エリモショウズ淡赤色で円筒形
153g(1000粒)
きたのおとめ淡赤色で円筒形
148g(1000粒)
しゅまり淡赤色で円筒形
157g(1000粒)
とよみ大納言淡赤色で円筒形
269g(1000粒)
アカネ大納言濃赤色で烏帽子形
187g(1000粒)
北海道の素材図鑑・食材のまめ知識